なんばんみそ漬け
カートの中身を見る
なんばんみそシリーズ
なんばんみそ漬
なんばんみそ漬(カット)
とうがらし味噌
みそから(いか味噌漬)
カレー味噌
山形のお漬物
青菜漬
おみ漬
しらたか
うす皮なす丸くん
業務用
メルマガ登録・解除はこちら
オフィシャルサイトはこちらから
青菜漬
販売価格

540円(税込)

内容量

山形の漬け物と言えば、青菜漬。
コリコリとした歯ごたえと独特のピリッとしたからみが特徴です。
販売期間:11月上旬〜1月  内容量:380g/2kg/4kg/8kg

品種改良された山形の青菜は、成長が早く、肉厚で歯ごたえが良いのが特徴です。生産農家から丸山食品に持ち込まれる青菜は、山形県の南西部に浮かぶ飛島で採取された種のみを使用しています。


長い時をかけ山形のオリジナルブランドとして定着した青菜ですが、他のアブラナ科との雑種交配が危惧されています。


  • 青菜漬は、山形県の代表的なお漬物の1つです。青菜(せいさい)は、高菜や野沢菜と同じくアブラナ科ですが、茎の部分は高菜と比べ柔らかく、コリコリとした歯ごたえがあり、また独特のピリッとしたからみが特徴です。
  • 軽く絞ってそのままお好みでカットしていただきます。また、山形では発酵して飴色になった頃、カットして油炒めにしていただきます。
  • 青菜は、11月上旬頃が旬(新物発売開始)です。保存方法は、冷蔵保存ですが、すぐにお召し上がらない場合は、冷凍保存も可能です。
  • 小袋380gや2圈4kg、8圓發翰儖佞靴討りますので、季節のご挨拶に大切な方へのご贈答用に是非ご利用ください。

<アレルギー表示>

原材料の一部に小麦・大豆を含む

<山形県民おすすめレシピ>

【春味!青菜漬の油炒め煮】

11月上旬につけたシャキッとした青菜漬は、春に向けてゆっくり発酵が進んでべっこう色に変わります。山形では発酵が進んだべっこう色のお漬物を春味と呼び各家庭のオリジナルの味付けで『春味!青菜漬の油炒め煮』を楽しみます。 常備菜として、忙しい時やお弁当のあと1品に大活躍間違いなし!


★ 材 料 ★
春味になった丸山食品の青菜漬380
輪切りとうがらし適量
煎りごま適量
サラダ油適量
ごま油大さじ1
●しょうゆ大さじ1
●酒大さじ1

★ 作り方 ★
  1. 青菜漬は袋からだして水気を切り、食べやすいように細かく刻む。
  2. フライパンにサラダ油と鷹の爪を入れ熱し、青菜をいれてよく炒める。
  3. 調味料を入れ、弱火で炒め煮する。
  4. 水分がなくなったら、いりごまを入れてできあがり!

【青菜漬のおにぎり】
  1. 水気を切り、茎の部分は細かく刻み、ごはんと混ぜ合わせる。
  2. 葉の部分でおにぎりを包む。

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける

〒992-0852 山形県白鷹町大字浅立2976  TEL:0238-85-5760  FAX:0238-85-5761
Copyright© 株式会社丸山食品 All rights reserved.